CHANGE THE BODY スポーツマッサージの新定番!筋肉痛の治し方パーフェクトガイド

プロアスリートが実践している筋肉痛の治し方とは?

話題沸騰!一流アスリートも実践 簡単セルフケア術

腰の筋肉痛の原因と治し方

このページでは、腰が筋肉痛になる原因や早く治す方法などを紹介しています。なかなか回復しない筋肉痛の解消法もまとめました。

腰が筋肉痛になる原因

腰の筋肉痛が起こる原因は、腰周辺の筋肉の疲れです。腰を使う作業や腰への負担が大きい姿勢を続けていると、腰の筋肉が緊張して固まってしまいます。柔軟性が低下すると筋肉が損傷しやすくなり、血行も悪化。痛みを引き起こす炎症疲労が発生します。それがいわゆる「筋肉痛」と呼ばれる状態です。

筋肉疲労があまりないうちは筋肉痛の痛みだけですが、疲労がたまってくると捻挫によるぎっくり腰肉離れなどダメージが大きい症状になります。悪化しないよう、早めに治すことが大切です。

腰をあまり使わない人は筋肉痛になりやすい

腰痛になるのは、普段デスクワークをする方や無理な姿勢で物を持ち上げたりする方が多いといわれています。

デスクワークが多い方は椅子に座って作業する時間が長いため、姿勢が悪くなりがち。猫背になったり、背もたれと腰の間に隙間を作って座ったりしてしまう方もいるかもしれません。このような座り方は慢性腰痛を引き起こすため、きちんと地面に足をつけ、背もたれに腰を預けて座るようにしましょう。

また、無理な姿勢で物を持ち上げるクセがある方はぎっくり腰になりやすく、治った後も慢性腰痛に悩まされることが多いそう。そこまで重さが無い荷物でも、腕だけで床から肩あたりまで持ち上げると腰にかなりの負担がかかります。荷物を持つときはだけでなく、など全身を使って持つようにしましょう。

腰の筋肉痛を早く治す方法

腰の筋肉痛の多くは腰の筋肉に疲れがたまることにより起こる症状。筋肉が炎症を起こしているため、マッサージやストレッチ、腰の冷却などを行うことで軽減できます。筋肉痛の際にどうケアすべきか見ていきましょう。

アイシング

筋肉が炎症を起こしている状態なので、患部を冷やして炎症を抑えます。腰表面の筋肉が傷む場合は氷水や冷湿布を使って冷やしましょう。

ストレッチ

腰周りの筋肉をほぐすことで血行を改善し、回復に必要な栄養素が行き渡るようにします。ただし痛みが激しかったり患部が熱を持っていたりする時は冷やしてから行いましょう。

腰のマッサージ

腰をマッサージすることで凝り固まった筋肉をやわらかくします。同時に血行も良くなるので、炎症や筋肉疲労が起こりにくくなります。

ゆっくり入浴する

ゆっくりお湯につかると腰の周りが温められるので、血行の改善につながり筋肉の疲労回復や痛みの軽減が可能です。

十分な睡眠をとる

筋肉痛を改善するには睡眠時間を確保することも大切。睡眠中に筋肉の疲労を回復させられるので、腰痛を早く改善できるようになります。

腰痛を早く治すにはいろいろな方法がありますが、やり方を間違うと逆効果になることも。適切なケアを行うことで治りが早くなります。くれぐれも痛みが激しいのにストレッチをしたり、腰表面の筋肉が痛まないのに冷やしたりなどはしないようにしましょう。

腰の筋肉痛がなかなか回復しない場合は

ストレッチアイシングなどを行っても1週間以上改善されないようなら、他の方法に切り替えてみるのも手です。

筋肉痛に効果のあるマッサージローションを使って軽く筋肉をもみほぐしましょう。軽い筋肉痛から筋肉の部分断裂による肉離れまで幅広く効果を発揮するため、早く治す方法を使っても改善しない方におすすめです。

>>マッサージローションの効果とは?体験レポートを見てみる<<