CHANGE THE BODY スポーツマッサージの新定番!筋肉痛の治し方パーフェクトガイド

プロアスリートが実践している筋肉痛の治し方とは?

話題沸騰!一流アスリートも実践 簡単セルフケア術

野球・ソフトボール

このページでは、ピッチャーに多い野球肘や野球肩など、野球やソフトボールに多い怪我や治療方法を紹介します。

投げ込み過多に注意したい野球肘など故障の原因と治療方法

右ひじを痛めた野球のピッチャー

野球やソフトボールといった競技では、ポジションによってかなり動作に違いがあり、中でもピッチャーは利き腕を酷使することによる故障が心配の種。

そこで、競技独自の障害ともいえる野球肘と野球肩について説明をしておきます。

野球肘

野球肘と呼ばれる故障は、内側型と外側型とに分類されます。前者は内側側副じん帯挫傷で、別名リトルリーグ肘ともいわれ、後者は離断性軟骨骨炎です。投球する時の動作で、肘の内側もしくは外側の痛みを生じます。投球フォームが安定しないと肘への負担が大きくなり、野球肘の原因になるといわれています。

野球肩

肩を酷使することなどによって起きるのが野球肩。肩峰や烏口肩峰靭帯との間で肩旋回筋腱板が摩擦することが炎症を引き起こします。上腕骨の肩の周囲で発症するもので、頭の上方から投げ下ろすオーバーヘッドスローイングという動作が影響しています。痛みを感じる他、血行障害を伴うこともあります。

こうした野球独特の故障は肘や肩の酷使と関係がありますが、何もトップアスリートに限ったことではありません。成長期の子供が投げ込み過ぎると発症することもあり、普段から投球後は肘や肩をきちんとアイシングすることが大切です。発症してしまった場合は、練習を休んで炎症治療を行った上で、フォームを改善したり肩の可動域を拡げたりすることで、再発を防ぎます。なお、症状によっては骨や組織を切除する手術が必要になる場合もあります。

野球肘や野球肩の予防に大切なプレケアとアフターケア

上で触れましたが、野球肘や野球肩は小中学生でも発症するリスクのあるスポーツ障害です。骨格や筋肉が発達していない成長期の身体で、投球フォームもまだしっかり安定化できていない段階での無理な練習や試合を続けると、こうした故障に見舞われます。

練習や試合の前にはきちんとストレッチなどを行って、事後にはアイシングと温熱療法をした上で、ストレッチやマッサージをすること。また、上腕や肩周辺の筋力を強化することで、故障を防ぐことにもなります。

>>アスリートも実践している筋肉痛の対処法&治し方はこちら<<