CHANGE THE BODY スポーツマッサージの新定番!筋肉痛の治し方パーフェクトガイド

プロアスリートが実践している筋肉痛の治し方とは?

話題沸騰!一流アスリートも実践 簡単セルフケア術

バスケット

このページでは、大きく重いボールを扱うバスケットボールに多い、突き指などの怪我や治療方法を紹介します。

手の突き指や膝の故障などバスケの怪我の原因と治療方法

バスケットボールをする男の子2人

バスケットボールは手でボールを扱う競技ですが、コート内を縦横無尽に動き回り、ジャンプをするなど下半身にも激しい動きが必要となる競技です。

そのため、主な怪我として手の突き指膝の故障をピックアップしてみましょう。

突き指

突き指という怪我の仕組みを説明すると、指先から根元の縦方向に無理な力が加わった時に起こる捻挫といえます。指は前後左右にはある程度稼働しますが、縦方向の衝撃を受けると力を逃がすことができないため、バスケットボールではわりと頻繁に突き指という怪我をするわけです。衝撃を受けた瞬間、指の骨全体がズレた状態となり、場合によっては骨折や腱の断裂を起こしているケースもあります。

なお、突き指をした時に指を引っ張るといいというのは迷信で、骨が脱臼したり腱を傷めることになるので、処置としては患部をアイシングして固定すること。いわゆるRICE療法(安静・冷却・圧迫・拳上)を心掛けてください。

靭帯損傷、半月板損傷

ダッシュや切り返し、ジャンプといった急な動作を連続的に行うバスケットボールでは、膝への負担が大きくなります。特に、切り返し動作では膝を捻ることになるため、その際に膝の靱帯や半月板を損傷することがあるのです。

靭帯損傷半月板損傷の治療は、専門医にかかる必要があります。炎症を改善するためにアイシングをしたり、電気治療を行いますが、必要に応じて痛み止めを使うこともあります。炎症が治まったら、温罨法(症状を軽減させるために患部を温める治療法)やリハビリを行って膝が安定した状態を回復していきます。不安定な状態の膝で運動をしてしまうと再発リスクも高くなってしまいます。

突き指や膝の故障防止になるバスケのプレケアとアフターケア

突き指対策としては、やはりテーピングがもっとも有効です。一般的に指の第二関節を中心にしてテーピングをしますが、突き指防止とプレーに支障がない巻き方をきちんと理解するためには、一度専門家に相談してみるのもいいでしょう。

また、身体のケアとしては、プレケアとアフターケアでストレッチとマッサージを入念に行うこと。特に膝周辺や足首など、バスケットボールで負担の大きい部位は自分でマッサージすることをおすすめします。アフターケアで熱を感じるようならアイシングもしておくと炎症を抑える効果が期待できます。

>>体のパフォーマンス向上のために知っておきたい筋肉痛の治し方はコチラ<<