CHANGE THE BODY スポーツマッサージの新定番!筋肉痛の治し方パーフェクトガイド

プロアスリートが実践している筋肉痛の治し方とは?

話題沸騰!一流アスリートも実践 簡単セルフケア術

サッカー・フットサル

このページでは、激しいコンタクトプレーも少なくないサッカーで、選手に多い怪我や治療方法を紹介します。

統計からわかるサッカー選手の怪我の原因と治療方法

サッカーの試合中に膝を痛めた男の子のイラスト「選手と指導者のためのサッカー医学」の統計で、サッカー選手に多い怪我のランキング上位4つは以下のようになっています。

  • 1位/肉離れ:33%
  • 2位/じん帯損傷:27%
  • 3位/打撲・捻挫(うちみ):6%
  • 4位/骨折:3%

これは1週間以上の治療を要した場合の統計です。以下で、それぞれについて解説しましょう。

肉離れ

急なダッシュ、ダッシュからのストップ、方向転換やボールを蹴った瞬間など、瞬間的な筋肉負荷が高まった際に発生します。ハムストリングやふくらはぎ、太もも前の筋肉で起こることが多く激痛が伴います。直後はアイシングと圧迫が必要で、1~3日程度RICE療法(安静・冷却・圧迫・高挙)を施します。

じん帯損傷

膝のじん帯には内側側副靭帯外側側副靭帯前十字靭帯後十字靭帯があり、外部から強い衝撃が加わってこれらが損傷した状態をじん帯損傷といいます。治療としては、装具を付ける保存療法と、じん帯修復や再建をする手術療法とがあり、前十字靭帯損傷だと手術に至るケースが多くなります。

打撲・捻挫(うちみ)

サッカーだと足首の捻挫や、膝やふくらはぎの打撲などがよく見られます。骨折や脱臼がなければ、患部を心臓より高くしてアイシングするのが一般的な対処法です。

骨折

接触などによる骨折以外に、サッカー選手に見られるのが第5中足骨疲労骨折。急激な動作への足の負担が積み重なって起きることがあり、競技特性と大きく関係しています。足の小指の付け根にある骨の骨折で、ネジを埋め込むJones手術などによる治療が必要です。

サッカー選手の怪我予防に大切なプレケアとアフターケア

サッカーは怪我をする要素が多い競技ではありますが、きちんとした指導者がいる組織なら、プレケアやアフターケアも含めて身体のケアの大切さについて、きちんと指導してくれるでしょう。マッサージやストレッチをする部位としては、足裏足首ふくらはぎ太ももなどを入念に手入れしてください。

>>筋肉に疲労を溜めない!プロが実践している筋肉痛の治し方<<