CHANGE THE BODY スポーツマッサージの新定番!筋肉痛の治し方パーフェクトガイド

プロアスリートが実践している筋肉痛の治し方とは?

話題沸騰!一流アスリートも実践 簡単セルフケア術

水泳

このページでは、腕のストロークが重要な水泳で、水泳肩などの怪我や治療方法を紹介します。

オーバーユースによる水泳肩など怪我の原因と治療方法

水泳をしている男の子のイラスト

水泳は各種リハビリや他競技選手のトレーニングに採用されるなど、怪我が少ないスポーツとして知られています。

水泳は水の浮力のおかげもあって、身体への負担が軽くなることがその理由ですが、それでもオーバーユースなどによる怪我や故障のリスクは間違いなく存在します。

水泳肩

クロールバタフライといった泳法は、腕のストロークを主体にして推進するのですが、水泳肩はこれらの選手に多く見られる傾向があります。腕を回転させる際に、肩甲骨の靱帯上腕二頭筋の腱とが接触することで炎症となり、それが肩の痛みになって表れます。

軽傷であればストレッチやマッサージ、練習後のアイシングなどで炎症を抑えつつ、フォームを改善するなどが有効となります。痛みの除去に針治療をすることもありますし、腱の損傷が見られる場合は専門医による治療が必要です。

平泳ぎ膝

平泳ぎは脚力も大きく推進に寄与するので、それによって膝への負担が増して故障に至ることがあります。特に、近年主流となっているウィップキックという方法は膝を起点にして水を蹴るため、膝の内側靱帯に負担がかかりやすいといわれています。陸上スポーツと比べれば、水泳は膝に体重がかかるわけではないのですが、強い蹴り足を利かせる動作は度を過ぎると膝の靱帯損傷にもなるわけです。

対処としては、脚の筋肉や靱帯を柔らかくするように、日頃からストレッチやマッサージを欠かさず、同時に筋力も高めておくことです。

水泳肩や平泳ぎ膝の防止になるプレケアとアフターケア

他のスポーツももちろんですが、水泳では特に関節の可動域が大きい選手に有利といわれています。中でも肩の可動域が大きいと、クロールやバタフライでは推進力が増すことになるからです。そのためには、日常的にストレッチやマッサージを入念に行って、肩周辺の筋肉や腱、靱帯を柔らかくしておくことが必要。そして、それは結果的に水泳肩の予防にも役立ちます。

膝や足首の関節周辺も同様で、プレケア・アフターケアとも関節周辺を柔軟にすることや疲労回復を目的として十分に取り組むことがパフォーマンスアップにもつながるのです。

>>アスリートが実践している疲労回復と筋肉痛の治し方<<