CHANGE THE BODY スポーツマッサージの新定番!筋肉痛の治し方パーフェクトガイド

プロアスリートが実践している筋肉痛の治し方とは?

話題沸騰!一流アスリートも実践 簡単セルフケア術

HOME » スポーツ障害・怪我との正しい付き合い方・治療法

スポーツ障害・怪我との正しい付き合い方・治療法

このカテゴリーでは、運動中の怪我やトラブルを早く治すために、スポーツ障害・怪我の症状別に正しい治療方法を紹介しています。

早期回復のために知っておきたいスポーツの怪我の治療方法

スポーツが健康に好影響を及ぼすのは事実ですが、思わぬ怪我に見舞われるリスクがあるのもまた事実。そうした怪我の原因と治療方法について正しい知識を身に付けておけば、いざという時に困らないだけでなく、予防にも役立つでしょう。各ページでは、スポーツ障害としてよくある症例を詳しく調べてみました。

筋肉痛

そのメカニズムがきちんと解明されているわけではありませんが、一般的には筋繊維が炎症を修復する際に痛みを発するのが筋肉痛といわれています。早期回復につながる方法などをまとめてみました。

筋肉痛についてもっと詳しく>>

肉離れ

筋肉の損傷や断裂などが肉離れ。ダメージを負った筋肉を回復させるために、保存療法として自分でも実践したい日常行動なども紹介しています。

肉離れについてもっと詳しく>>

捻挫

関節部で内出血を起こしているのが捻挫ですが、損傷の程度によっては靱帯への大きなダメージを受ける場合があります。関節を保護しつつリハビリする方法などをご覧ください。

捻挫についてもっと詳しく>>

打撲

打撲は筋肉の損傷の一種で、内出血を伴うのが一般的。初期のアイシングから、回復を促進させるためのマッサージなど、セルフケアのポイントなどを紹介しています。

打撲についてもっと詳しく>>

脱臼

関節はもともと自由な動きができるように、骨と骨の接合はある意味外れやすい構造になっています。格闘技や接触の多い球技などで起きやすい脱臼は、近年時間をかけて整復するのが主流となっています。

脱臼についてもっと詳しく>>

突き指

指の関節に強い衝撃が加わった時に起きるのが突き指。指先を使う格闘技や球技では避けにくいスポーツ障害です。手の突き指なら肘から手首の筋肉もマッサージするなどの対処が必要です。

突き指についてもっと詳しく>>

骨折

スポーツ選手だと外的衝撃による骨折だけでなく、練習や試合によるダメージが蓄積しての疲労骨折にも要注意。骨折部が安定するまで固定するため、筋肉の衰えを回復させる必要があります。

骨折についてもっと詳しく>>

<番外編>四十肩・五十肩・ぎっくり腰

スポーツ障害の中でも中高年が気を付けたい四十肩や五十肩、そしてぎっくり腰について調べてみました。セルフケアでもできる痛みの軽減方法などは注目です。

四十肩・五十肩・ぎっくり腰についてもっと詳しく>>